メルマガでレッスン情報配信中!
メルマガ登録はこちら!

フランキンセンスの勉強会~香油と薫香を楽しむ~

お知らせ

今週は、フランキンセンスのレッスンが続いています。
ちょうどクリスマスシーズンです。
急に夜空に輝き始めた星をみつけて、救いの御子が生まれると、
東方の三賢人が「没薬」「乳香」「黄金」をもって、
イエスキリストが生まれたベツレヘムという街へお祝いに駆け付けたというストーリーを思い出す・・。
そんな気分になりますよね。
クリスマスツリーのてっぺんの星は、その輝く星ですよね・・。
ロマンチックな話です・・。
心は大好きな中東にすぐ向かってしまいます。
東方の三賢人がもっていったもののひとつが「乳香」=フランキンセンスです。
中東の地図をみて、オマーン、シバの女王の国、バビロニア、ベツレヘム、
エジプトのアレキサンドリアなどの場所を確認しながらのレッスンとなります。

フランキンセンスは、カトリックやギリシャ正教などの教会でよく薫香されています。
精油は有名ですが、実は焚いたフランキンセンスは大変いい香り。
わたしは焚いた時の香りのほうが柔らかくてとても好き。
この日も、生のフランキンセンスからのもくもくの煙を楽しみました。
成分的にも、燃やさないと出てこない成分もあって、その成分ががん細胞にも有用だそう。
精油では、楽しめない香りが、フランキンセンスのあの煙の中にはいろいろ含まれています。
そして、その香りは、香油の中にも抽出されています。
このあたりもお話ししたいところです・・。

フランキンセンスをはじめ香油を10種類作ると、ブレンドしてクリームやら乳液やらを作れるわけです。
これがとってもまろやかでよい香り。
精油にはない香りたちで、ちょっと新鮮。

ハーブ系レシピとフランキンセンス系レシピと、
成分とオイルがことなる二つのクリームレシピでの作成を楽しんでいただきました。

この日は、お庭のフレッシュハーブを摘んできてくださった方もいらして、
みなさまでいただきました。

とってもおいしくセンス良くブレンドされていました。
ありがとうございました。
11月21日(土)13時半からのフランキンセンス勉強会に1席あきがでました。
もしよかったらどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました