キッチン蒸留ホームケアアドバイザーがお二人誕生しました。

キッチン蒸留も少しづつ認知度が上がってきたように感じます。

11月に紅茶部屋からはお二人のホームケアアドバイザーが誕生しました。

お二人ともソーパーさん。
そして、お一人はベテランのハーブの先生ですから、キッチン蒸留はとても役立つわ~とのこと。
そして、お一人は、セロリが苦手だったのに、
キッチン蒸留で蒸留した後の
「セロリのストックとアフターアートゥルを使ったミネストローネがおいしい!!」
とびっくりされていました。

レッスンでは、キッチン蒸留後の野菜やストックを利用したお料理もいただきます。

キッチン蒸留では、ハーブだけでなく、
野菜もフルーツも、そのほかの食べ物もいろいろ蒸留しまーす。
かつおぶしだって蒸留してしまうんですよ。
そしてそして、蒸留水だけでなく、蒸留したあとの野菜や、蒸留後の残ったお水も使ってゆきます。
なんて、合理的なんでしょう。

キッチン蒸留のイメージはこんな感じで、シンプルなポットを使って、
30分で100mlの蒸留水ができあがります。

パイナップルもいい香りがとれました♡。

これから、どんどんキッチン蒸留が広まってゆくような気がします。
ご興味のある方は、ホームページのチェックをしてくださいね。